古舘(フルタチ)です。

 

SEO界隈ではGoogleが推進しているAMP(Accelerated Mobile Pages)とかMFI(モバイルファーストインデックス)やSSL(https化)が昨今の話題ではありますが、AMP辺りはまた色々と実験を繰り返すと言いますか、まだ私も結果論を出すほどまで検証を進めておりませんので、いずれ記事にしようかと思います。

 

さて、

今回はGoogle検索において、meta description(メタディスクリプション)の表示変更と制限が入ったのでこれを取り上げようかと思います。

 

2017年12月になってから?かと思いますが、Googleの検索結果の中で、meta descriptionの表示に変更がありました。

 

元々、meta descriptionを設定していないサイトやブログ運営者さんはあまり関係無いでしょうし、確実ではありませんがGoogleの公式の見解ではペナルティーになるような事も無いと思いますので(しっかり確認していなくて申し訳ありません)、あまり気にすることは無いと思います。

 

ただし、WordPressなどで、SEOプラグインを利用している場合や、HTMLサイトでmeta descriptionをきっちりと書かれている運営者さんは、少し制限が付いたので、注意した方が良いのかな?と思い記事にしてみました。

 

meta descriptionとはそもそも何?

簡単に説明すると、検索したあと一覧表示されたものの、説明文です。

 

言い換えると、その検索結果に何が書かれているかを表示することで、訪問者からすると、おおよそそのページがどんな内容なのか?と言う事が分かる仕組みです。

 

運営者サイドは直接検索結果には影響は有りませんが、訪問者にページの概要をお知らせすることで、検索経由でのアクセスに「間接的に」運営サイトを見て貰える可能性が高くなる、と言う事になります。

 

どんな感じに見えるか、当サイトf-vision.spaceで、siteコマンドで検索して見ました。

 

検索結果はこちら。トップページが一番上でトップページアクセスを捨てている形ですので表示が寂しいのはご容赦下さい。(Google.comで検索)

これだとちょっと分かりづらいかもしれませんが、検索の結果に各ページの概要が出ているのがお分かりになるかと思います。

 

ちなみに、当サイトはSEOプラグインを設定しておりませんので、このmeta descriptionはGoogleが適当と認めた内容を自動表示する仕様になっています。

 

 

2017年12月でのmeta description変更後の内容

2つの変更内容の概要です。

 

 

文字数の上限が従来の文字数から変更

例えば、最近私が記事にした「仮面ブロガーズ」に関する検索なのですが、同じくgoogle.comで検索すると以下のようになります。

検索の結果だけを見ると、

1位は販売ページ、2位以下はgoogle.comでの検索結果です。(2017/12/05時点)

注目したいのは2位以下。

 

例えば2位のmeta descriptionの文字数は220文字となっています。ただし、上位に優先表示される見出の「hタグ」からの生成による目次の抜粋は除いています。

 

逆に3位は文字数を数えていませんが、2位と比べると3位の出力は少なくなっているのがお分かりになるかと思います。

 

この違いは、後述するmeta descriptionの出力制限に2位のサイトがGoogleの検索結果としての表示制限に引っかかる(抵触)しているのが原因です。

 

それは後述しますので、特にWordPressのSEOプラグインや静的HTMLで、meta descriptionを制御して、検索をした訪問者にページの概要を「より知らせたい」と言った場合、注意が必要です。

 

通常、WordPressを利用する方が多いと思いますので、以降はWordPressに関して記述していきますね。

 

いわゆる一般的なWordPressのSEOプラグインでは、色々とそのページを操作することが

可能で、今回のmeta descriptionも操作することが可能です。

 

ただし、SEOプラグインを入れていたとしても、設定を行わなければ反映されないので、例えば今回のmeta descriptionについて設定を行わなければ、Googleの検索結果は自動的に「ココが良かろう」との判断で自動出力されます。

 

SEOプラグインで設定をしている場合は、その内容が出る訳なのですが、今回文字数変更が入ったのと同時と言うかほんの数日ほど前に、meta description「表示制限」が入ったのです。

 

訪問者へのページ概要を見て貰って、「検索キーワード」でページを訪問して貰うと言う様な場合、制限を知らないと、折角上位に検索キーワードで上位に居ても訪問者に「ページ概要を見て貰った結果」で訪問して貰う事が出来ない場合が有るので注意が必要です。

 

 

表示制限が追加

文字数が変更になる数日ほど前だと思いますが、meta descriptionの表示に制限が追加されました。

 

今のところペナルティーでは無い様なので、特に問題は無いようですが、原則としてSEOプラグインを使わない場合は、最初の導入の文章が出力される傾向が高いです。

 

「原則として」と書いたのは、上記の例のように途中から出力されるケースもありますし、ロングテールなどの場合、Googleの検索結果のmeta descriptionの出力はGoogleが自動的に「ココが良かろう」と自動的に判断して出力される「例外」があるからです。

 

もっとも、最近はSSL化が進んで、検索キーワードがGoogleもYahooも分からなくなってきているので、どんなキーワードで訪問者がページを見ているのか判断が付きにくいと言う事も有ります。

 

キーワードが分かった頃は、自動的にその最適部分をmeta descriptionとしていたのは確認出来たのですが、検索エンジンのSSL化が一般的になってしまったので、「結果論」では無く、推測になってしまうのは申し訳ないことです。

 

では、今回何が変わったかというと、

2017年11月下旬までは普通に表示されていたのは確認していますが、投稿時では制限されて見えなくなった例を具体例でお伝えすると、

 

「2017年12月31日までお得に」

 

と言う様な「日付」で「お得感」を演出するmeta descriptionの出力をGoogleは制限しました

 

公式の見解が有ったと思いますが、ちょっと何処で見たか忘れてしまったのですが、検索結果を見ると実際に明らかに変わっています。

 

もう少し具体的に言うと、こう言った記述が制限されます。

  • 「○月○日まで30%引き」
  • 「○月○日まで20000円引き」

と言う様な、meta descriptionの記述が出力されなくなったという事です。

 

何となく検索する訪問者が同じようなキーワードが並んでいると、その中に上記の様な記述があるとちょっと目がとまるかもしれませんね。

 

結論ではこれが駄目だと言う事になりましたので、SEOプラグインで、概要の中に上記の様な訪問者が「ちょっと見てみようかな?」と思わせる、日付限定の割引感を出させる内容は記述しても制限されてしまうので、注意が必要です。

 

スマホでのmeta description表示確認

これも、12月5日時点ではスマホ(モバイル端末)では文字数制限は元々概要出力が少ないので、更に絞り込んでいるように見えます。

 

原則通り先頭の導入文から出ているケースもあるのですが、自動出力になっているケースも見受けられます。

 

もちろん、制限となった「日付で限定してお得感を出す」というのも確認した限り表示は見えませんでした。

 

meta description現状の対処方法まとめ

表示が制限されたのと、文字数が多くなったのに加え、元々自動生成されるのですが、対応したい方はWordPressのSEOプラグインで対応しても良いかと思います。

 

ただし、meta descriptionで時間を使うのはどうかと思うので、もうこの際、Googleの自動出力に任せてしまっても良いかもしれません

 

ちなみに私は、2012年頃まではかっちり入れていましたが、最近は入れたのは一個くらいで、後は放置して自動出力に任せています。

 

SEOプラグインで対応されて居る方も、修正は記事数次第かと思いますが、優先すべきはターゲットサイトのレスポンシブウェブデザイン(RWD)で、仮にAMPでもmeta descriptionは自動で良いのでは?と個人的には考えます。