個人運営ブログSEO対策

 

私が若干のお手伝いをさせて戴いたSEO対策ですが、公開の許可を戴いたので、現状の順位、Alexaランクと言った、外から見える部分で、公開したいと思います。

 

まずこちらの例ですが、

 

キーワードとURLは伏せて欲しいとのことで、残念ではありますが、公開出来る範囲で公開許可を戴きました。

 

まずジャンルとしては、専門性+雑記という形式で運営されています。

私自身このジャンルは全く知らなかったジャンルで、昨今では割と注目されているジャンルかと思います。

ジャンルとしては、大きな枠があるんですが、更にその中でも細分化されたジャンルで、注目度は近年高くなっているジャンルです。

 

ターゲットサイトのSEO施策

データとしてしっかり取っていないのですが、

2017年3月7日に外部施策実施、解る範囲でコンテンツマッチでリンクをしました。

リンク元自体は公開出来ませんが、発リンク及び内部リンクは極力抑えた形で、リンクでパワーを送ってみました。

 

IP自体はAクラスから異なりますし、運営者自体が異なりますので効果は結果としては上手くいったのですが、ドメインの状態が少し安定性に欠けていたのと、トップページへのリンクが集中していたという事も有って、その修正をされた直後という事も有って、しばらくは上位に出てくることは無かったという形です

 

まぁそれはトップページ自体の話しであって、記事の内容がある意味押し上げていると言う、記事アクセス型の構造である事はリンク当初も現状も変わりません

 

一番人気の記事内容外観


 

内部のSEO対策自体は今回全くの「お任せ」状態で、上記の通り、「圧倒的なテキスト量を誇る」という形です。

上位10位平均を全て上回ってます。文字数は平均の1.5倍ほど。

 

これをお書きになった時間は伺ってないですが、結構記事を書くのにはこの文章量は見直しを含めても相当数かけていらっしゃると思います。

検索して見ても、このページも検索では1位なのですよね。

 

運営歴

最初私が拝見させて戴いたときは、「話題性」という事も有ってか、かなりのAlexa量があったのです。

相当運営されているかと思いきや、実は2016年12月30日(GMT)にcreateと言うようにwhois履歴はありまして、2017年3月時点ではまだ3ヶ月という状況でした。

 

ターゲットキーワードの変更


 

この同じ画像をご覧戴くと解りますが、

3位が元のトップページキーワードで、1位が変更後のターゲットキーワードになります。

リンク自体は元の3位のターゲットキーワードのまま、と言う事を2017年7月の段階で折り合いが付いていますので、そのアンカーテキストが「そのまま生きている」と言う形になります。

タイミングとしていつ変更されたのかは伺ってませんが、いわゆる「ブランド化」として、ブログタイトルを変更されました。

当然ですが、ブランド化の効果は「1位」という結果で見てわかると思います。

圏外は元々のターゲットキーワードの状態を見ていたときに複数語(サジェストで複数語を設定)を減らした状態で見ていたのですが、さすがに現状はこの複数語(サジェスト)では上位にならない様です。

 

まとめ

今回は外的要因、外部SEOだけをやらせて戴いたわけですが、ちょっと勿体ないのは内的な部分で、Googleのアルゴリズムに則った最適化内的SEOの形になっていないのですが、それを無視しても、上位にはなれると言うことですね。

 

更には、はてなブックマークは私も使ってませんが、コチラも使われていません

それでも充分アクセスが獲得出来ると言う結果です。